この時期に!!!

こんばんわ。今日も1日お疲れ様です!

気温 最高23℃/最低15℃ 晴れ 南東の風
波 1m
長潮 満潮13時31分/干潮06時35分

水温22~23度 水分補給はこまめにね♪船酔い心配な方は酔い止め&朝食は軽めに♪
      風が冷たいです。着替えの長袖・上着・フードベストあると便利です♪

☆ブルータビィのinstagram:blue_tabby385 よろしくお願いします☆

八重干瀬(ヤビジ)エリア
①フターツ北側
②アラヌ タンヤビジ

宮古島の北側にある池間島の沖合10キロほどのところから広がる
サンゴ礁のエリア「八重干瀬」
基本的には北側あるエリアなので夏がメインとなってくるエリアなのですが
今日のような海況が落ち着いた日は行くことができます!!
レア!ラッキー!!
サンゴがカラフルで伊良部・下地エリアとはまた違う良さ!
癒しパワー炸裂です♪

どこ見てもサンゴの森!!目の保養~~~( *´艸`)

しかし、気になるお話を聞きました。
ここ宮古島、年末年始がとても寒くて、海況も悪化しダイビングに出れないような日があった
のですが、その際、大潮とも重なって海面からサンゴが出てしまう時間が増えたそうです。
通常、春先から夏に向けてが干満の差が激しく、潮が引いているときにサンゴが海面から
出てしまう時間があることはあるのですが近年は冬でも干満差が
激しく、それが冬に起こるという・・
夏の場合ですとサンゴ自身が透明な粘膜のようなもので日差しなどから自身を守っている
のですが、今回もそれがあったのかはわからないのですが、浅瀬のサンゴの先端部分が
白く弱っておりました・・・。この時期に波風などが強くなり枝サンゴが折れたりするのは
目にしていたのですが、先端が弱るというのは見たことがないのです。

このきれいなサンゴを長く生かすために自然状況が刻々と変化している時代ですが
人が入ったときに人為的に壊したり極力しないように気を付けたり、最近ではサンゴに
優しい日焼け止めが出たりなどしてるので出来ることからしていきたいですね(^^)

大仏様の頭のようなコモンシコロサンゴはお魚の住処に良し!!

透明なハナミノカサゴ幼魚がいたり~

ナミさんをはじめとするスズメダイは種類が豊富!!

キンセンハゼや~

ソメワケイソハゼなど~

サンゴを住処とする魚たちにもたくさん出会えました!!!

お読みいただきありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

大物DAY☆